お知らせ

お知らせ

Incrementally Verifiable Computation:効率的に証明をつなげる

はじめに 本稿ではで提案されたIVC (Incrementally Verifiable Computation)と呼ばれる証明システムについて解説します。この証明システムは証明の長さを変えずに合成することが特徴です。途中までの証明を長さを...
お知らせ

Universal Arguments: 性質の検証

はじめに 本稿では以前の記事に続いてで提案されたuniversal argumentsと呼ばれる証明システムについて解説します。具体的に構成されたプロトコルが本当にuniversal argumentsの性質を満たしていることを確認します。...
お知らせ

Universal Arguments:証明システムの構成

この記事はBlockchain Advent Calendar 2022 23日目の記事です。 ※ブロックチェーンとはあまり関係がないような気もしますが、一応背景を説明するとこの論文で提案された証明システムは 段階的検証可能計算(Incre...
お知らせ

SoulBound TokenをQiitaのプロフィールから作ってみた

フロントエンドチーム小林です。今回は、Qiitaのプロフィール情報からSoulBound Tokenを作ってみます。 SoulBound Tokenとは Vitalikにより提唱された概念で、譲渡が不可能なNFTのことです。参加証明で配布さ...
お知らせ

知識抽出機(Knowledge Extractor)とは?知識抽出可能性と健全性の関係

はじめに 知識証明に関する論文の証明を読んでいると、証明の健全性を示すために「知識抽出機」(Knowledge Extractor)なるアルゴリズムの存在を示そうとすることがあります。 知識抽出機が存在するか、すなわち知識抽出可能であるかど...
お知らせ

ZKAttest: 具体的なプロトコルについて

はじめに この記事では前回の記事 に続いてECDSA署名を行うシグマプロトコルであるZKAttest(ZKAttest: Ring and Group Signatures for Existing ECDSA Keys)について解説しま...
お知らせ

ERC1155を使った フルスタック Getting Started

フロントエンドチーム小林です。 今回は、イーサリアムの規格であるERC1155を使って、コントラクトの実装からフロントエンドの実行まで一通りの動作を行なってみたいと思います。 ERC1155とは ERC1115とは、一つのスマートコントラク...
お知らせ

ZKAttest:WebAuthnの改良

はじめに この記事ではECDSA署名を行うシグマプロトコルであるZKAttest(ZKAttest: Ring and Group Signatures for Existing ECDSA Keys)について解説します。 前提知識 ZKA...
お知らせ

分散型投票システムを使ったDAOのGetting started

フロントエンドチーム小林です。 イーサリアムなどのブロックチェーンでは、スマートコントラクトを使い、非中央集権で自動的に処理を行うことができます。その性質を用いて、投票や決定、報酬分配などのルールを自動化するDAOという考えでのプロジェクト...
お知らせ

Ethernautの良問を解説する

概要 Ethernaut とはSolidity/EVMベースのスマートコントラクトの脆弱性調査をCTFのようなゲームを通して体験できるサービスです。 スマートコントラクトの監査を行う際に必要な観点を26種類(2022年8月現在)のゲームを通...
タイトルとURLをコピーしました